Piaget

スイスの高級ウォッチ・ジュエリーブランド“ピアジェ”は1874年の創業以来、マニュファクチュール(自社一貫製造)として、歴史と伝統に培われた熟達の時計づくりと創造性に富んだジュエリーのクリエイションで比類ない名声を博しています。創立者が一世紀以上も前にモットーとした言葉である「常に必要以上に良いものをつくる」を、今でも時計づくりの信条としています。ピアジェがたえず技術の限界に挑み、「不可能」を可能に変えてきたのも、こうした信条をたえず実行に移してきたからです。 ピアジェの名を世に知らしめるきっかけとなったのは、まさに極薄ムーブメントの開発でした。時計製造に革命をもたらした極薄ムーブメントは、長年に渡る研究を経て製品化され、ピアジェはこのムーブメントの専門家として名声を確立し、以来、極薄ムーブメントはピアジェの代名詞になりました。従来の製品より極めて薄く、軽いこの種のムーブメントは、文字盤のデザインの可能性を大幅に広げることになり、とりわけダイヤモンド・セッティングによる装飾への道を切り開きました。 1957年に有名な手巻ムーブメントのキャリバー9Pが誕生し、次いで1960年には、自動巻ムーブメントで厚さがわずか2.3㎜のキャリバー12Pが発表されました。この自動巻ムーブメントは「世界で最も薄い自動巻ムーブメント」として当時のギネスブックに登録され、それと共に、極薄ムーブメントの開発者として広く知られることになりました。ピアジェは、現在も極薄ムーブメントを活かした時計づくりに力を注いでいます。このような極薄ムーブメントの開発により、一目でわかるピアジェならではのエレガントなスタイルが完成したのです。 一方で、もともとあった時計に合わせて着けられるジュエリーを。という顧客からのリクエストに応え、時計に捧げる情熱をジュエリーデザインの分野でも発揮していきます。見た目の美しさはもとより、確かな技術からくる信頼により、ピアジェは、人々から「時計界のジュエラー」と呼ばれるまでになっていくのです。 140年以上に渡るノウハウとクリエイティビティをさらに昇華させ、丹念につくられる数々の芸術的な時計やジュエリーで、今後も世界中のセレブリティを始め、多くの人々を魅了し続けていきます。

clock

午前10:00〜深夜12:00