タイパ・ハウス・ミュージアム

Fieldset:

タイパ・ハウス・ミュージアムは、1921年に建てられたコロニアル様式の住居棟から構成される博物館。イベントや展示の会場としても使用できるように、今では改装されています。「マカエンセの家」はコロニアル様式の典型的なマカオの住居で、「ポルトガル地域の家」は各地域を代表するポルトガルの伝統衣装や工芸を展示。「島の家」ではタイパ島とコロアン島の歴史が学べ、「ギャラリー」は世界のさまざまなアートを展示する場所となっています。「迎賓館」では公的なレセプションや文化イベントが開催されます。

時間と所在地

10:00~18:00

(月曜休館)

澳門氹仔海辺馬路