仁慈堂婆仔屋

Fieldset:

3棟の建物からなる堂婆仔屋(慈愛にあふれる聖なる療養の家)は、第2次世界大戦中に貧しい人々の隠れ家として知られるようになり、年老いた女性たちの救護施設でもありました。当時、この築100年にも及ぶポルトガル風建築群にはいくつかのギャラリーが入居し、現地ののアートやクリエイティブシーンの発信地となっています。

所在地

瘋堂斜巷8号