聖ポール天主堂跡

Fieldset:

16世紀、マカオには東アジア初の西洋式大学「聖ポール大学」があり、その隣には聖母教会がありました。1835年の火事でいずれも消失した結果、遺されたのが聖ポール天主堂跡として知られる史跡です。もっとも有名なのは教会のファサード(正面壁)跡で、東西の建築様式が融合したその姿は、多文化都市マカオの象徴的な遺産として、広く一般に公開されています。

所在地

大三巴牌坊